1. 雨水ネットワーク
  2. 第11回 雨水ネットワーク全国大会2018 in 東京
雨を活かす 人へ 未来へ
    

 雨水活用や水循環系の健全化等に関わる、市民・企業・行政・学会等で形成する“緩やかな情報のプラットフォーム”「雨水ネットワーク」は、2008年に誕生し、今年で10周年を迎えます。
 東京墨田で第1回の全国大会を開催し、その後、福岡、松山、大阪、東京、東北、福井、愛知、東京、広島で開催されました。その成果として、それぞれの地域で雨水活用に関する新たな取り組みがはじまり、継続的に展開されています。また、2014年には「水循環基本法」と「雨水の利用の推進に関する法律」が施行され、制度面からも雨水活用の推進に関する準備が整いました。
 このように制度の整備や地域での推進活動が行われる一方、社会に目を向けてみると、雨水活用が大きく進展をしたとは言えない状況です。本大会では、これまでの10年間を振り返り、“何が足りず、補うにはどうすれば良いのか”を見い出したいと考えます。
 「雨水ネットワーク」が「未来」に向けて「人」を育て、新たな一歩を踏み出すために、多くの方々のご参加をお待ちしています。


【大会プログラム】(予定含)

 第1部 10:00~12:00

  基調講演

三隅 良平  「気象災害の犠牲者はなぜ減らないのか」
(国立研究開発法人防災科学技術研究所 水・土砂防災研究部門 部門長 総括主任研究員、
 「雨はどのような一生をおくるのか 降る前から降った後までのメカニズム」著者)

  雨水活用に関する報告

・「雨水の利用の推進に関する法律」施行後の展開(仮) : 国土交通省 水資源政策課
・ “雨水から始めるまちづくり”(仮) : NPO雨水まちづくりサポート
・ 雨水活用に関する最新製品・技術等(仮) : 日高規晃(TOKILABO(節水村)代表)
・ 学会基準における“雨水”(仮)

 第2部 13:00~15:00

雨活レポート「地域で育む雨活」
福岡・松山・大阪・東京・仙台・福井・愛知・広島、これまでの開催地での雨水活用推進の
ための活動やその課題を報告頂きます。

 第3部 15:00~17:30

パネルディスカッション「雨から見える未来」
パネリスト:栗原 秀人 (下水道広報プラットホーム・メタウォーター(株))
山海 敏弘(国土交通省 国土技術政策総合研究所 住宅研究部長)
島谷 幸宏 (あまみず社会研究会 代表・九州大学 工学研究院 教授)
山本 耕平(NPO法人雨水市民の会 理事長・ダイナックス都市環境研究所 代表取締役)
笠井 利浩 (日本雨水資源化システム学会 理事・福井工業大学 教授)
コーディネーター: 神谷 博(NPO法人雨水まちづくりサポート・法政大学兼任講師)
※参加者も含め、みんなで「雨水活用推進」に大きな変化をもたらすための活動について考えます。

 交流会 18:00~

         「つながる人 つながる雨」 (会費制)
                参加者相互の交流、情報交換の場です、奮ってご参加ください。

東京大学生産科学研究所 コンベンションホール






















       東京都目黒区駒場4-6-1 駒場リサーチキャンパス An棟2階

雨水ネットワーク全国大会in東京実行委員会

 

国土交通省 一般社団法人日本建築学会雨水活用推進小委員会 日本雨水資源化システム学会
公益社団法人空気調和・衛生工学会
NPO法人雨水市民の会 NPO法人雨水まちづくりサポート 雨水ネットワーク東北 関西雨水市民の会
NPO法人京都・雨水の会 NPO法人碧いびわ湖 あめゆきCafe 雨水楽舎 あまみず社会研究会
NPO法人全国水環境交流会 みずとみどり研究会 崖線緑の絆・せたがや   (順不同)

 

公益社団法人雨水貯留浸透技術協会  エバタ株式会社  株式会社タニタハウジングウェア
東急建設株式会社  株式会社日盛興産  株式会社日東ジオテクノ  メタウォーター株式会社   (敬称略・順不同)


雨水ネットワーク全国大会in東京実行委員会 事務局
千代田区麹町3-7-1 半蔵門村山ビル1F 雨水貯留浸透技術協会内
E-Mail:taikai★rain-net.jp(★を@に)